寄り道Express!

旬な芸能記事や人物紹介、ダイエット記事をお届けします!

三浦朱門の死因(病気・病名)や現在は?奥さん(嫁)や息子が気になる!

小説家や作家であり

 

さらに文化庁の長官を務めていたこともあった

 

三浦朱門さんが亡くなられたと報道がありました

 

今回は彼の死因となった病名や

最近は何をしていたのか?

 

さらに奥さんや子供などに関しても調べてみました

スポンサーリンク

三浦朱門さんのwiki風プロフ

名前:三浦朱門(みうら しゅもん)

生年月日:1926年1月12日

年齢:91歳

出生地:東京都中野区東中野


学歴:

中野区立啓明小学校

現東京都立立川高等学校

旧制高知高等学校を経て、

東京帝国大学東京大学文学部言語学科

 

今回亡くなられた三浦朱門さん

91歳と年齢的には

大往生ではなかったのでしょうか?

 

お父さんはイタリアの文学者だったとの事で

三浦さんも文学の道を歩まれました

 

彼の代表作としては

『冥府山水図』(1951年)
『箱庭』(1967年)
『武蔵野インディアン』(1982年)

が有名で

芥川の再来とも言われていたようです

教員をされていた過去もあるのですが

1967年 第14回新潮社文学賞受賞(『箱庭』)
1970年 バチカン・聖シルベスト勲章受章
1983年 芸術選奨文部大臣賞受賞(『武蔵野インディアン』)
1985年4月 文化庁長官に就任(~1986年8月、作家からの任用は今日出海以来二人目)
1987年 日本芸術院賞・恩賜賞受賞[5]、同年日本芸術院会員。 
~2004年 日本芸術院第二部長。
1999年 第14回産経正論大賞受賞
同年10月 文化功労者に選ばれる。
2004年 日本芸術院院長(~2014年9月[6])。
2006年6月 「日本教育再生機構」に発起人参加

 

っと数々の受賞歴もあいまって

 

教員の仕事の何倍も収入を得ていたことで

 

教員の仕事をしているのがバカらしい

と思う事もあったとか

 

その態度からも

 

周りには反感を持たれていたようです

 

朱門という名前は

ペンネームとの事で

キリスト教の聖人シモン・ペテロが由来だとか

 

ですが本名は調べても出てこず

ひょっとして

ペンネームに本名も改名したのでは?

て思えますね

スポンサードリンク


死因となった病名は?認知症も持っていた?

今回三浦さんの命を奪った病名

間質性肺炎と呼ばれるものでした

 

間質性肺炎は

通常の肺炎とは違うようで

 

次のように説明されていました

肺は「肺胞」と呼ばれる、
直径0.1~0.2mmの小さな袋がブドウの房のように
たくさん集まってできています。

肺胞が伸縮して酸素と二酸化炭素の交換(ガス交換)を行い、
呼吸をしています。

この肺胞の中に炎症が起きるのが
一般的にいわれる肺炎ですが、

「間質性肺炎」とは、肺胞の壁や
周辺に炎症が起こった状態を言います。

炎症によって壁が厚くなり、
肺全体が固くなります。

その結果、肺の膨らみが悪くなり、ガス交換がしにくくなります。

 

 

ご高齢だったこともあり

やはり循環器系が悪かったのでしょうか?

 

最近では朱門さんは

認知症を患い

 

自宅にて療養されていたようです

 

奥さんや子供は?

奥さんは曽野綾子さん

 

奥さんも作家で有名な方で

 

ゆとり教育の推進など

啓蒙活動も熱心に行われて

 

一番面白かったのが

日本郵政社外取締役をされていることですね

 

かなりの権力を持たれていることが伺えます

朱門さんが認知症になってからは

 

高齢者が長く生きることを良しとしない

論調を展開されて

 

やはり介護を通して

感じることがあったのか

 

かなり過激な発言として

賛否両論あったようですね

 

朱門さんには息子さんがいて

名前は三浦太郎さん

 

現在は日本の文化人類学者であり

中部大学教授をされているとの事です

 

ネットの反応は?

スポンサーリンク

質問などコメントはこちら!

*
*
* (公開されません)

痩せたいのに痩せれなかった理由を知りたいか?!

More
Return Top