寄り道Express!

旬な芸能記事や人物紹介、ダイエット記事をお届けします!

聖高原でスカイライダーに乗った親子が衝突!スカイライダーって?

15日午後1時25分ごろ、東筑摩郡麻績村の聖高原で、レーンをそりで滑り降りる遊具「スカイライダー」を利用していた千曲市の無職女性(47)と長女(5)が乗ったそりと、後ろから来た長野市の公務員女性(39)と長男(6)が乗ったそりが衝突した。安曇野署によると、4人は長野市内の病院に運ばれ、頭の打撲などの軽傷とみられる。同署が原因を調べている。

 同村観光課によると、スカイライダーは村100%出資の「聖高原リゾート」が指定管理者。全長710メートル、標高差120メートルで、七つのコーナーがある。同署によると、衝突したのはスタートから200メートルほどの直線部分。出発地点に係員が1人おり、間隔を空けて順番にそりを出発させていたという。

 同課によると、スカイライダーは衝突を避けるため、前のそりが見えなくなってから次を送り出すことにしている。勾配が特に急な上部では、そりのブレーキを引いて進むよう利用者に注意しているといい、「詳しい原因究明に最善を尽くす」としている。

出典:信毎ウェブ

長野県で起きた今回の事件

そもそもスカイライダーってどんな遊具なんでしょうかね?

SPONSORED LINK

スカイライダーとは?

260038133284_0b

実際に乗っている動画がありました
山の斜面にそって乗っていくソリタイプの遊具のようですね

 

動画を見ているとかなりのスピードが出ているのがわかりますね

イメージとしてはボブスレーのような感じでしょうか!

しかもブレーキなどはついていないようですので前方でトラブルが発生していると
止まることもできず突っ込んでしまう危険が

今回の事故でも前に走行している家族が見えなくなってから送り出すルールに従って
発走したそうですが、コース上で何かのトラブルがあり激突したとのことでした

スポンサードリンク


子供と親の合計体重も女性と男性、体格によって出るスピードが変わってくると思うので
前方から見えなくなったとはいっても後続がかなり重めの組ですと追いつく可能性もあると思います

今の時代ならば子供でも50kgを超す重めな子供もいると思いますので

事故による規制や批判が厳しく子供の遊具が少ない時代ですので
スカイライダーにはしっかりと自己検証をしてもらって再び安心して乗れる遊具になってもらいたいものですね!

 

スポンサーリンク

質問などコメントはこちら!

*
*
* (公開されません)

痩せたいのに痩せれなかった理由を知りたいか?!

More
Return Top