寄り道Express!

旬な芸能記事や人物紹介、ダイエット記事をお届けします!

高桑早生のwikiは?!過去の病気や学校が気になる!

9月17日放送のみらいのつくりかたで紹介された 

パラリンピック短距離選手高桑早生さん 

今回は彼女の足を失った理由経歴に関して書いてみました

SPONSORED LINK

プロフィール

009

高桑早生(たかくわ さき)

生年月日:1992年5月26日

出身地:埼玉県出身

血液型:O型

学校:中学(不明) ソフトテニス部
   東京成徳大深谷高校 陸上部             
   慶應義塾大学 体育会競走部
 

深谷市親善大使を務める

高校では陸上部に入り、2年時には初の国際大会、アジアパラユースに出場し

100メートル、走り幅跳びで金メダルを獲得したそうです!

高校生で金メダルって凄いですよね

しかし知名度があまりないのって日本の報道のよくないところだと思います

パラリンピックの報道って少ないですよね

こんなに優れた選手がたくさんいるのに

未だに無名の方が多い気がします



昨年のアジアパラリンピックでは100メートルで銀メダル走り幅跳びで5位入賞されました

今年4月からは慶應義塾大学体育会競走部に所属

9月のジャパンパラリンピックでは100メートルで初の13秒台となる13秒96をマークし、日本記録に0.12秒に迫った


めきめきと頭角を現していく高桑選手ですが

子供のころから大変な苦労をされてきています

スポンサードリンク





骨肉種の発症

993012l

彼女が小学校6年生の時に骨肉種を患い

3度の手術を受けた後に、中学生の時点で左足を切断ということになったそうです


幼いころに足を切断するってとてもつらいことだったと思います

昨日まで元気に走り回っていたのに、突然それができなくなるなんて・・



骨肉種とは簡単に言うと「骨のガン」と呼ばれています

けっして多い病気ではありませんが、小学生から大学生といった

若い年齢層がかかる悪性腫瘍のなかでは白血病の次にみられる病気でだそうです

発育の盛んな10代に発症するのが、最も多く、


数は少なくても、多く罹るのが子供たちで、かつては生存率も低かったことから

非常に過酷なガンと言われていました。しかし、近年は治療法が進歩し、予後も劇的に改善されています。

切断後は義足でテニスをされていましたが

ある日スポーツ用の義足をしてみた所とても速く走れたことから

陸上もやりたいと思うようになったようです


今後の意気込み!

01

つらい逆境を乗り越えて活躍中の高桑さん

ネットでは次のように今後の意気込みを話されていました

2020年に東京パラリンピックの開催が決まりました。

その時自分は28歳です。

陸上選手として最高のパフォーマンスが発揮できる20代で

また夢の舞台に出場できるチャンスがあると思うと、

自分はなんてラッキーで幸せなんだと感じています。

東京パラリンピックは、自分の陸上選手としての一区切りの時、集大成の時だと思います。

今までの陸上人生のなかで一番のパフォーマンスが出せるようにしたいです。


そして、いろんな人たち、たくさんの人たちに自分の最高のパフォーマンスを見てほしいと思っています。

彼女の活躍は足を切断し、ふさぎ込んでしまったりしている人たちに

勇気を与えてくれる存在になるおもいます

そんな義足のアスリートである高桑早生さんをみんなで応援していきましょう!!

 

スポンサーリンク

質問などコメントはこちら!

*
*
* (公開されません)

時事ネタコラム関連記事

痩せたいのに痩せれなかった理由を知りたいか?!

More
Return Top